スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

2009.7.17(Fri)「MORR」&「 i 」Presents SHINYA TAKATORI "Naked Season" Release Party

2009_7_17_front.jpg

2009_7_17_back.jpg

「MORR」&「 i 」Presents
SHINYA TAKATORI
"Naked Season" Release Party
赤裸々に綴られた脱がない君への回答


2009.7.17 (Fri) @CLUB ADD (Sendai)
Start 21:00 Ticket Adv/2,500Yen(1Drink) Door/3,000Yen(1Drink)

-Main Floor-
Live:
SHINYA TAKATORI (RANKandFILE RECORDS)
Ametsub (PROGRESSIVE FOrM)
yarn:moor (noble)

DJ's:
Aoyama,Suzuki,show da bs

Decoration & VJ:
&,ZEROPROG

-Lounge Floor-
JOVI三好


Infomation and Ticket:
RANKandFILE RECORDS http://rankandfile.web.fc2.com/
melancholic lounge party 「 i 」 http://www.i-infomation.com/
CLUB ADD http://www.clubadd.com/


shinyatakatori_web2.jpg

SHINYA TAKATORI

現在、山形、仙台を中心に活動し、one sync(PANGAEA/SENDAI)、MORR(ADD/SENDAI)などでレジデントを務める。
ダンスミュージックとしてだけではないクラブにおける音楽表現を追求するそのDJプレイは、すべての「音」を飲み込み、
3台のターンテーブル、エフェクターそして自身がもつ独特のミキシングやスクラッチを駆使し紡ぎだされるある種異質な空間構築であり、
そこにメロディー至上主義という基本理念が加わることによりスピリチュアルとフィジカルが融合した独特の空間が作り上げられる。
これまでにJazzanova、calm、dj klock、whakhakha、numb、saidrum、pan american、
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、坪口昌恭トリオ、など幅広いジャンルの
アーティストと共演。
2004年にリリースされた自身初のDJ MIX CDR『the view of showgazing』につづき
2007年にはinner scienceのレーベル【PLAIN MUSIC & DISTRIBUTION】 内のblending
tonesよりMIX CD『natural unity』を、2008年11月にはオリジナル12インチレコード『Our Usual Nightmare ep』を自らのレーベルRANKandFILE RECORDSからリリース。
2009年7月には待望の1stフルアルバム『Naked Season』をリリースした。
またプログラミング、マニュピレイト、ターンテーブルを担当する3人組ユニット「束の間」も始動、ドイツのネオシューゲイザーユニットGUITARやworld's end girlfriend、tenniscoatsなどとも共演。マイペースでの活動を続けている。

http://rankandfile.web.fc2.com/


p_ametsub_web.jpg

Ametsub
東京を拠点に活動する音楽家。
半野喜弘や青木孝允らを筆頭とするPROGRESSIVE FOrMからリリースされた「forma2.03」に20歳で参加し、国内外から評判を集める。
その後、1st Album 「Linear Cryptics」をリリース。
その衝撃的な美しさは反響を呼び、世界最大のエレクトロニック ・ミュージック・フェスティバルを起源とする、 sonarsound tokyoに出演。
ゲームボーイによるパフォーマンスも話題となり注目を呼ぶ。
その後、全国各地でライブを行い、Vladislav Delay やBlue Foudation、Tujiko Noriko、竹村延和、Numb、AOKI takamasa等との競演も重ねる。
短編フィルムの音楽の制作や、海外アーティストのリミックス、多岐に渡るV.A.への参加、メディアアートやTV番組にも楽曲が使用される。
2007年には野外フェスティヴァルSense Of Wonderにも出演。
多くのオーディエンスを魅了したライブはスペースシャワーTVの放映に選出され、翌年の同フェスティヴ ァルにも出演が決定する。
2008年夏にはアイスランドでのライブも敢行。
d.v.dやWorld's end Girlfriendなどで活躍するドラマー、Jimanicaとのコラボレーションも始まり、Jimanica × Ametsubとしてミニアルバムが2007 年にリリース。
初ライブではPARA、クラムボン、toeと共演、同年秋には渚音楽祭への出演も果たす。
暗く美しい独自の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性は、今後の活動に期待が高まる。
2009年2月、待望のNew Albumがリリースされ、坂本龍一やミト(クラムボン)などから絶賛の支持を受け、現在大きな話題を呼んでいる。
http://www.drizzlecat.org
http://www.myspace.com/ametsub3110


yarn_image_web.jpg

yarn:moor(ヤーン・ムーア)
Tiltlooseレーベルを主宰するmoss(サウンドプロデュース)とneuma(プログラミング)により2006年に結成。同年12月よりボーカルでtaoが参加。
ライブでは大量のビンテージアナログ機材とラップトップ、ボーカルに加え、映像にAkiyoshi Kitagawaを交えたスタイルでパフォーマンスを行っている。
mossはダブユニットMANTISのメンバーでもあり、2009年1月にはRHYTHM & SOUND のMCであるTikiman a.k.a Paul St. Hilaireをゲストボーカルとして招いた1stアルバムを自身のレーベルよりリリースしている。また、taoはimaginionのメンバーとしての活動や、なのるなもない(降神)の作品への客演でも知られている。
http://yarnmoor.tiltloose.com/





スポンサーサイト

2009.07.08 | | Comments(917) | Trackback(0) | yuji suzuki

«  | HOME |  »

プロフィール

tide

Author:tide
「 i 」のメンバーである鈴木祐二が主宰する極めてborderlessなオール・ジャンル・パーティー。
山形県朝日町出身のメンバーが中心となり、DJ+スケーターという編成で2005年1月よりスタート。
クラブ、ライヴハウスに留まらず、バーやカフェ、さらにはレストランやコテージ、スケートパーク等といった様々な場所で開催。
「tide」=「潮流」の名の通り、ありとあらゆる場所へ流れ、ありとあらゆる音楽が満ちては引くという、唯一無二の空間を創り上げている。
2006年10月21日には、ゲスト企画第一弾として「NUMB(reverth/ekoune sound)」を招聘。
2007/5,26には2周年記念&「 i 」とのコラボレーション企画として、ゲストに「aus(U-COVER/PRECO/MOTEER)」を招聘。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。